藤枝市のリフォームはすこやか工房

大手とは違う!長年の経験からお客さんの生活を考えアイデアで解決するリフォーム屋さん

お知らせ

トップページ>お知らせ>【耐震シェルター】藤枝市の補助制度上限40万円対象製品

【耐震シェルター】藤枝市の補助制度上限40万円対象製品

耐震補強工事を検討中の方は、まず補助金を使い耐震シェルターを設置しましょう。
補助金を使い耐震シェルターを設置した後でも、耐震補強工事の助成金を使い耐震補強工事をすることができます。
命を守るためすぐに行動しましょう。

古い住宅の地震のための耐震対策は、耐震装置を取り付けた構造への改築など、大掛かりな耐震補強工事が有効ですが、経済的な理由で大掛かりな工事は現実的ではありません。

万が一自身で家屋が倒壊した場合に、空間と逃げ道を確保し、命をまず守るために比較的に安価に導入できる「耐震シェルター」をおすすめします。

耐震シェルター「剛建」
46万円(税込み価格50.6万円)


※設置費含む 運搬諸経費、オプションは別途必要です。
別途必要な運搬諸経費は、すこやか工房が必要とする経費です
オプションは内装・照明、コンセント設置などです。

※和室など床が畳は施工できませんので、フローリングなどに変更する工事が必要になります。

耐震シェルター剛建の詳細はこちらへ
https://taishin-shelter.co.jp/

耐震シェルターの設置に対する補助金 上限40万円

昭和56年5月31日以前に建築され耐震診断結果が1.0未満の木造住宅の1階に設置する費用に対して補助をします(補助金の利用には契約前の申請が必要です)

耐震シェルター50.6万円~(税込)に対して補助金を40万円を適応すると、
自己負担は10.6万円~で設置する事ができます。